健康な生活

体重を減らすためのコツ

ダイエットをしても、なかなか体重が減らないという悩みを抱えている人も多いはずです。そこでこの記事では、体重を減らすためのコツを紹介します。

より短期間で体重を減らしたいという方は、ぜひ参考にしてみてください。

1. 朝食を抜いてはいけない

朝食を抜いてもダイエットにはなりません。必要な栄養素を摂取できず、空腹感から1日中間食をしてしまう可能性があります。

2. 規則正しい食事をする

一日のうち、決まった時間に食事をすることで、カロリーの消費が促進されます。

また、脂肪分や糖分の多い食品を間食したくなることも少なくなります。

3. 果物と野菜をたくさん食べる

果物や野菜は、カロリーや脂肪が少なく、食物繊維が豊富で、減量には欠かせない食材です。また、ビタミンやミネラルも豊富に含まれています。

4. 活動的になる

活動的であることは、体重を減らし、それを維持するための鍵となります。運動は健康に良いだけでなく、食事だけでは落としきれない余分なカロリーを燃焼させることができます。

5. 水をたくさん飲む

喉の渇きと空腹を混同してしまうことがあります。本当はコップ1杯の水が必要なのに、余計なカロリーを摂取してしまうことがあります。

6. 食物繊維の多い食品を食べる

食物繊維を多く含む食品は、満腹感を持続させてくれるので、ダイエットに最適です。食物繊維は、果物や野菜、オーツ麦、全粒粉パン、玄米、パスタ、豆類、エンドウ豆、レンズ豆など、植物性の食品に多く含まれています。

7. 食品ラベルを読む

食品ラベルの読み方を知っていれば、より健康的な食品を選ぶことができます。カロリー情報を利用して、特定の食品が減量計画における1日のカロリー許容量にどのように適合するかを確認してください。

8. 小さいお皿を使う

小さいお皿を使うと、食べる量を減らすことができます。小さめのお皿やボウルを使うことで、空腹にならずに少量ずつ食べることに徐々に慣れていくことができます。胃が脳に満腹であることを伝えるのに約20分かかるので、ゆっくりと食べ、満腹と感じる前に食べるのをやめましょう。

9. 食べ物を禁止しない

減量計画では、特に好きな食べ物を禁止しないでください。禁止してしまうと、かえって食べたくなるものです。1日の摂取カロリーの範囲内であれば、たまのおやつを楽しめないことはありません。

10. ジャンクフードを置かない

誘惑に負けないために、チョコレート、ビスケット、ポテトチップス、甘い発泡酒などのジャンクフードを家に置かないようにしましょう。代わりに、果物、無塩のお餅、オートケーキ、無塩または無糖のポップコーン、フルーツジュースなど、健康的なスナックを選ぶようにしましょう。

11. アルコールを控える

一般的なグラス1杯のワインには、チョコレート1枚分のカロリーが含まれています。飲み過ぎると、体重が増えやすくなります。

12. 食事の計画を立てる

1週間の朝食、昼食、夕食、間食の計画を立て、カロリー制限を守るようにしましょう。1週間分の買い物リストを作成するとよいでしょう。